FC2ブログ

的球からポケットに向かう方向を感覚的に理解するために効果的な習慣

的球からポケットに向かう方向を感覚的に理解するために効果的な習慣

それは、ポケットをよく見て位置を把握すること。
それだけ。

1 まずは的球の後ろからまっすぐポケットを見る。
2 次に手球の後ろに立ち、ポケットを見る。
3 的球からポケットに向かう方向がイメージできない場合は1と2の中間点に立ち、ポケットを見る。→1または2に戻る

ポケットの隣の長クッション、短クッションもよく見ると、よりリアルにポケットの位置を把握しやすい。
スポンサーサイト



上手に待つ

上手な人とやってると、待ち時間が長い。
久々にテーブルに立つと、2~3割下手になっている。

上手い人を前に緊張するのもあるし
試合の緊張感が伝染するのもあるし
勝ちたい負けたくない自分からのプレッシャーもあるし

でも、そういうのはなかなか変えられない。

待たされた後でも良い感じで撞くために何かできないか?

てことで、

・姿勢良く待つ
背骨をぴしっと立てて待つと、肩肘の負荷が無くリラックスできる。
気持ちもシャキッとするので、外した後の落ち込みからの復活も早い。

・相手のフォームを見ない
フォームやタイミングを見せられると伝染してしまう。
自分のフォームやタイミングで撞くのが大事なので、あんまり見ない。
球の動きや配置は見る。

こないだのハウスでは、そこらへんを意識したらいい感じだった。

今後もやろ。

ハウス4位

昨日のハウスは、そこそこ良かった。
4位なので、実力的には上出来。
最後は優しい8番外したのがトラウマになりそうやけど。
今考えたらセレクションミスやったかなぁ。

取り切りを難しくしている球をフリーボールの時に蹴飛ばして、結局取りきれない、てのが二回あったなぁ。ダサいわー。

次に備えてまた頑張ろ。

シャフトが見える

今日はシャフトが良く見えたなー。
テーブルの水平面も感じた。
だからキューの軌道がイメージしやすくなって、自動的にフォームも作られるような感覚があった。

フォーム基準で撞くんじゃなくて、キューの軌道のイメージを基準にショットする、ちゅう意識を持つことで、自分の体をショットに合わせに行くことに抵抗がなくなった。

そしたら、キューの動きも良く見えるようになってきた。

やっぱり意識を持つ方向に物事は少しずつ向かってくんだな。

固定配置で精度上げる練習も良いけど、いろんな配置や体制で、狙える&撞ける、バリエーションを増やすのは同じくらい大事。

基本が完璧になってから応用やればいい、なんてことはない。
いろんなショットに対応することで、初めて大事なものが見えてくる、てことがある。

ハウス惨敗

勝ち、負け、負けで終了。

最初の勝ちはまぁまぁ良かった。
チャンスで撞ききれてた、、ような気がする。

次の負けは、横綱相手にきっちり負けた。
せっかく回ってきた苦手な振りの8番外した。
また回ってきた薄い8番外した。
セーフティーからチャンス掴んだのに一球で終わった。

次の負けは、自分で作った。
難しいネキ決めて次の球でスクラッチしたり
ネキ失敗してセーフティーしたら、球入ってもうて隠れたり
ダメダメやった。

グリップ圧高めが良い感じに出来てた。
間違った方向ではなさそうだ。
ただ、手首が少し痛くなった。
ブレイクでは少しグリップ緩めて衝撃避けた方が身のためかな?

一回目線を外す癖

構えたかな?と思ったら一回顔上げて合わせ直す癖。
自撮り動画で判明。
カッコ悪いから止めたいな。

ぎゅっと握るグリップ

ぎゅっと握るグリップいいわ。
めちゃパワーある。
4~5ポイント離れた引き球でビビりがちだけど、ぎゅっと握るグリップで撞いたら、キューミスせずに安定して2~3ポイント引けた。
しょぼいけどこれなら十分試合で使えるわ(笑)
入れとパワーの両立って難しいけど、グリップひとつでパワーがワンランク上がるなら、こんなに楽なことない。
キュースピードよりも、インパクト時にガッツンとパワーを乗せるタイミングが重要なんかも。

自分に合ったキュー

自分の目指すプレイスタイル、自分に合うプレイスタイルが定まったら、それにあうキューやタップがわかってくるんだろうか?

好みが大事やけど、身体的特徴や練習時間も考慮して、目指すプレイスタイルを考えてみた方が良いのかも。

そのスタイルと、キューやタップの特性が合えば、きっと楽にプレイできるんじゃないだろうか。

オープンブリッジ、スタンダードブリッジ

オープンブリッジの方がキューの向きを確認しやすく狙いやすいから好き。
スタンダードブリッジはできればあんまり使いたくない。
でも引き球はオープンだとやっぱり難しい、てか良くミスる。
なんで?
スタンダードブリッジの方が手球の反応も早い気がする。
なんで?

テイクバック

テイクバックをたまに大きく取るとミスる。
普段から大きく取ることに慣れといた方が良いのかも。

てことで今日はテイクバックを大きく取る練習。

テイクバック大きくしても、キレもスピードも変わらなければ意味無い。
大きく取るからには、せめてキュースピードを楽に上げれるようにならないと。
そのスピードが手球の動きに活かせるようにならないと。
つまり撞点の正確さを失ったら意味ない。

やっぱりハードル高いな。やだな(笑)

でも台湾の選手とかみてたら、みんなしっかりテイクバック取って伸びやかに撞いてるもんな。かっこいいしな。

頑張れ俺。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示