FC2ブログ

腰の位置

今日は新しい発見が。
フォームで入れる、という考えには限界がある。
目で見て、球とキューの動きをイメージして、体は脳に任せる、という考えも必要だ。てかそっちの方がいい。

ゲーム中、常に自分の理想のフォームで撞けるわけじゃない。
手球の位置、的球の位置によって、テーブルに足腰が当たってフォームが変化する。

特に腰の位置。
腰の位置や開き具合が変わると、顔肩肘の位置や、背骨の向きや、脇の開き具合や、顔の向きが変化して、いろんな症状がでる。

まっすぐが見えなくなる
まっすぐ振れなくなる
まっすぐの感覚が狂う
ショットのタイミングが合わなくなる
撞点がずれる
キューの軌道が変わる

疲れるし、構えてるときにふらふらするのもある。

なんしか、おんなじフォームでばっかり練習して、変化に弱くなったらあかんと思う。

自分の軸となるフォームとエイムを育てるのも大事やけど、
それと同じくらい、変化に柔軟に対応するための練習が必要。

たぶんやけど、フォームに頼るんじゃなくて、
目でしっかり見て、
手球やキューの動きをしっかりイメージして、
あとは体が勝手に入れてくれると信じて撞く、
ていうのが大事やとおもう。
スポンサーサイト



押し球

最近、押し球が気持ちいい。
今まで体感したことのない動きを、ここ数日で何度も見ている。

キューをSASAKIに変えたから?
キューを変えて、約1oz軽くなった。
今までキューの重みでズボッと撞いてたのが、インパクトでしっかり撞ききらないと負ける感じがする。
キューが軽くなって、手球の跳ねが抑えられてるのかもしれない。

キュー尻のレベルを保つテイクバックを身につけたから?
なんか、撞点にキューのパワーがクリーンに伝わってるような気がする。
過去:テイクバックでは肘を固定してキュー尻が上がる。撞き出しの際は肘が落ちなが少しコジリ上げるように撞く。
今:テイクバックではキューをまっすぐ引くイメージで肘を下げる。撞き出しの際は肘を気持ち上げながら畳むように、まっすぐ撞く。

タップをZANのSに変えたから?
気持ち柔らかめで、手球が跳ねる感じがない。
かといって潰れてる感じもない。
キューのしなりとレボの強さをちょうどいい感じで受け止めてる気がする。

毎ショット球触りする練習でタイミングが合い始めたから?
球触りする練習で、インパクトまでの距離感が感覚的に掴めてきた。
インパクトの瞬間の肘の畳み具合とかもあらかじめわかるから、スムーズに動くし力も入れやすい。
体制や配置で常に微妙にフォームや視点が変化するので、この練習で気付く事が本当にたくさんある。
これでショットの質が改善してるような気がする。

的球を見ながらシャフトを見るのが少しできるようになったから?
キュー出しの瞬間、不安を感じるか、確信を持てるか、一瞬のことやけど積み重ねると大きい差になる。
まだ不安を感じることの方がおおいなー。

14-1のブレイク

今日は新しい発見。
下から割ると、ヘッド付近に数個の球が寄っていき、困ったときの逃げ道に使いやすい。


からの

2019112108330111f.jpg

フットでごちゃごちゃした球を崩そうとして、蹴られてヘッドに手球が行ってしまっても 4 12 13 14 がヘッドで待っててくれるから安心。

この後8番外して終了したことは忘れたい

ラックの配置

試合ではランダムラックが採用されつつあるけど、まだハウストーナメントや相撞きでは言われたことがない。

ということで、ブレイク後の配置を考慮してラックの配置を考えてみた。


今日出た答えはこれ。
8は左下ポケットにイン
7は右下でツークッションしてナインボール付近に残る
6は右長クッションから左長クッションに向かい、左サイドから1~2ポイント上の長クッション付近に残る

これで6 7 9が良い感じに残りやすくなった。
テーブルや球や自分の調子が変われば結果も変わるかもしれない。

あくまでも今日の答え。

なんか最近いい感じ

左目が見ているキューを感覚的に理解できてきた。
撞点の精度が上がった。
目で見えているラインと、感覚が覚えているラインと、身体が覚えているラインが一致するショットが増えてきた。
見たまんま、狙った通り、イメージと結果のシンクロ率が上がった。
押し球の入れと加減がレベルアップした。

キュー尻を低くキープする意識とか、
シャフトの左フチを意識するとか、
毎ショット構えてから球触りするまでタップを近付けるとか、
メトロノームに合わせて淡々と無駄なくショットするとか、
その辺が実を結んできつつある。
家の食卓にバスタオル敷いて練習したかいがあった。

キューを変えたのも良かったのかも?
前より1oz軽い19.0ozで、一番よく使う中弱~中強の引きの加減がしやすくなった気がする。
軽くても負けてる感じが無いし、しっかり切れてくれてる感じで楽だ。

新しい世界?

今日も新しい感覚があった。
テイクバック、特に引きのテイクバックでキュー尻を上げる癖が有るらしい。
それを変化させ、キュー尻を下げ気味にテイクバックしてから、キュー先を下げるような感じ(大井p的な)で撞いてみた。
これのおかげか、遠目の球でしっかり引きが届くようになった気がする。
ショットから的球にヒットするまでの動きが安定してる。
何より、全体を低く見てショットできるのでイメージしやすい。

個人的な感覚では、全く新しい領域に入ったぐらいのインパクトがあったけど、文章にするのは難しいな。。

ブレイクましになった?

しっかり振りかぶって、まっすぐ振ることだけ意識したら、ブレイクの当たりが良くなった気がする。
ストローク長でキュースピード作るとまっすぐ振るのが難しいし、
筋力でキュースピード作ると力んでしまって、これまたまっすぐ振るのが難しい。
もうちょい筋力付けて、普通に撞いてもパワーみなぎる感じになったら最高やなぁ。

効果的な練習とは

自分にとって一番効果的な練習ってなんやろ?
いっぱいやるべきことがあるような気もするし、わからん。
金払ってレッスン受けて教えて貰うのが早そうな気もするが。

今の俺が考える、今の俺にとって効果が高い練習は?
大きく早く正確に振る練習もそろそろやらんとなぁ。ワンランク上がるには避けて通れない。。
入れの感覚を養う練習もしたいな。特にテーブルを縦に見る配置は良く外す。振りが見えてないよなぁ。
最近バット変えたから、薄く当てる練習でトビとカーブも覚えなあかんし。

押し引きの限界ライン

ナインボールでブレイク後に紙切れで球の位置をマークして、取りきりできるまで反復練習しよう。
最近、紙切れを置くのが面倒でやってなかったけど、俺にはきっと必要な練習や。
その練習で、押し引きの限界ラインを改めて調査しよう。
レボに換えてから、引き球のラインをコントロールする練習してないし。きっと今一番効果的な練習のはず。
よーし、明日できるかな?

タップで球触りしてから撞く練習

昨日は14-1とナインボールを練習。
全ての球で、タップで球触りしてから撞いた。
撞点との距離感、タップとの距離感、を掴む練習になる。
インパクト時のフォームの確認にもなる。

これやって、
自分が狙った撞点を撞けてないのがわかった。
ブリッジの横ずれ間違いがみつかった。
押し球でブリッジが低過ぎるのがわかった。
押し球の球速が落ちてカーブの出が早くなった。
引き球でブリッジが高すぎるのがわかった。
引きの回転が安定し、ショートからミドルの引きのコントロールと入れが良くなった。
捻りのノリが良くなった。

プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示