FC2ブログ

ブレイク前に出過ぎ

胸筋使うブレイクをイメージしてから、当たりが悪くなってきた。
球の動きからして撞点が高いらしい。
つまり、胸筋を意識するあまり、腕が伸びちゃって、グリップの位置が下がり、撞点が上がる、ていう当たり前のことが起きていると思われる。
試しに、ミスキューしそうなくらい下の撞点狙ったら、当たりも手球の動きも良かった。

構えた時点で、上体をもっと起こしたほうがいいのか?
肘をもう少し畳んだほうがいいのか?
もう一回、プレイの時の普通の撞き方から徐々に強くしていって作り直したほうがいいのか?

スポンサーサイト



ビリヤードとダイエット

俺は年中運動不足でデブで体が固い。
糖尿病予備軍(本当は正規メンバーズ)だから痩せなきゃいかん。
でも健康のために頑張るのはどうも苦手。

そんな俺も、ビリヤードをやり始めると、ビリヤードの上達のために運動を頑張れちゃう。
昨日は500mlのペットボトル2本を手に持ち、一時間散歩した。
肩肘、肩甲骨、背骨をしっかり動かしながら散歩する。
ジョギングはまだ俺には早い。。

運動(筋力)不足+デブ+体固い のはビリヤードに不利だ。

顔を前向きにキープできない
前傾姿勢が安定しない
長時間の前傾姿勢で体幹や股関節が痛くなる
腕がすぐに疲れて肘がプルプルなる
肩肘の安定感と力強さがない
腹で球触りする

これからは運動メニューも色々考えてこ。


大きくテイクバック取って、無理なく躊躇なくキューを加速する

左手のストロークが安定するまではマックススピードの追求を禁止してたけど、そろそろ始めようかな。
まだコントロールの精度はボロボロやけど、プレイの幅を広げてカバーするのも必要やと理解した。
ノーマルスピードが上手くなるのを待ってたら、マックスを伸ばす機会が永遠に訪れないかもしれん。

テイクバックをしっかり大きく取ってもストロークがぶれないようにする。
キューの加速は力まず、無理なく、躊躇なく、一気にまっすぐ撞点に食い込ませる。
ストロークの幅と、キューの加速のバリエーションを増やす。

まっすぐ振ることは諦めない。加速を優先して腕の動きからフォームを作り、キューの軌道を犠牲にするような愚かな真似はしない。

まだスナップは禁じ手にする。
できるだけグリップ圧は一定に保って、タイミングのムラを減らす。
一方で、構えてから球タッチの練習も継続する。
撞点との距離感、タップとの距離感が身につくまでやり、タイミングの精度を上げる。

シャフトの左フチを感じる

シャフトの左フチを感じるように意識してから、かなり変化を感じてる。
右ヒネリではシャフトの左フチを、左ヒネリではシャフトの右フチを、
それぞれ意識してエイムに使うと、顔の位置をあまり変えずに撞点を変えることができ、かつ狙いもつけやすいメリットがあることに気付いた。
もちろん、トビとカーブの見越しは必要で、シャフトの向きに手球が飛んでいくわけじゃないけど、正確なガイドとしての役割は大きい。

シャフトを棒のままエイムに使うのはあんまりうまくいかなかった。
シャフトのフチを意識すると、シャフトの向きや全体の輪郭が豊かに感じられるようになった気がする。
それがエイムにも、平衡感覚にも、良い影響を与えてる気がする。

モーリコーラルSからザンSOFTに交換

モーリはやっぱりしんどい気がしたのでカット。
所属プロさんは、結構気持ちいいって言ってたから、好みの問題やろけど。
んで初めてのザンSOFTを装着。
SOFT感はあんまりない。
ザンらしい?しっかり感はありつつ、硬さを感じさせない程度の柔らかさ、と感じた。
これなら気持ち良く撞けそうな予感。

物の輪郭を見る時の癖

昨日気付いたけど、俺って物の輪郭を見るとき、だいたい右側の輪郭を見てるような気がする。
左側の輪郭を気にするようにしてから、急に色んな物から立体感を感じるようになった。

これは凄い発見かもしれない。

視界では全体を見てるんだけど、脳が瞬間的に処理してるのは右側だけ、てことないやろか?
左側も、いや、物の全体の輪郭を意識的に観察することで、脳の処理能力とか、情報の密度が変わって来るんじゃなかろうか?

的球と手球が接触したときに二つの球のフチが作るライン

今日は新しいイメージが出てきた。
当たった瞬間の手球と的球のフチと、ポケットの角が作る三点でラインをイメージして狙う感じ。
イメージボールとはまたちょっと違う。
イメージするポイントを絞っているのでぼやけにくい。
ポケットとの関係を見た目に合わせやすい。

家で球ふたつを手に持って色んな角度から眺める練習してたから、自然に出てきたイメージなんだと思う。
本当は、イメージボールをくっきりイメージするためにやってた練習やけど、自分でも思ってなかった形でモノになるかもしれん。こんなこともあるんやなぁ。
これたぶん使えるな。
しばらくやってみよ。

サンビリデビュー

今日は東京出張。
初めて荻窪のサンビリに行ってきた。
コンディションも十分だし、静かだし、安い。
じっくり練習したいプレイヤーには良い環境だわ。
むしろ一般客がやりにくいぐらい、専門店に近い雰囲気。
使ったテーブルは穴若干広めだったから、上手い人やとバリバリマスワリ出そう。
ハウスキューがめちゃめちゃ撞きやすかった。タップが良かったなぁ。積層に見えたけど、常連のおさがりのヒラノかな?

家練の効果?負けまくり!

今日はお店でリーグ戦。
家練で新しいエイムを手に入れたせいかどうかは解らないけど、まぁ飛ばしまくり。負けまくり。
でも今まで撞けなかった球がつけたこともあったから、収穫はあった。
成長は創造と破壊なのだ。新しいことしたら、それが成長して感覚として身につくまでは役に立たない、弱くなってもしょうがないと割り切って気長にやる。
自分の考えに自信を持って、できない自分を励まして、コツコツやる。
今日の勝ち負けで良し悪しは決めない。

家練で発見

今日も家練習。
今日は発見があった。
シャフトの右フチは良く見えてるんだけど、左フチを見るのが下手だ。
たぶん、ひだりめが見てるシャフトを見たいんだけど、右目か見てるシャフトの存在が強くて区別が難しいんだと思う。

今日はシャフトの左フチを見る事を意識して撞いてみたら、かなり色んな事が見えてきた。
テーブルの水平感を感じる平衡感覚までも成長したような気がする。

的球にピント合わせつつ、手球・撞点・シャフトをぼんやりくっきり目視しながら撞く。
これができそうでできない。
みんな当たり前のようにやってるんやろか?
俺がセンス無いだけ?
でも今日はそれに一歩近付いた気がする。
頑張れ俺。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示