FC2ブログ

タイミングってなんだ?

バリー・スターク先生の動画から。

タイミングとは何か?
良いタイミングでショットしたら何が違うのか?
それは球とタップの接触時間だ
とおっしゃってます。

超ハイスピードカメラ(35000コマ/秒)でショットを撮影し、タイミング良く撞けたときのタップの接触時間を測定したところ、タイミング良く撞けたときは悪いときと比べて200マイクロ秒(0.0002秒)長く接していたらしい。

思うに、接触時間が長いということは、キューがしなった状態で接してしなりの反動がしっかり球に伝わるってことではないだろうか?
スポンサーサイト



ハウストーナメント

今日はベスト8。上出来。
自分と同じくらい外す人に勝って、自分より入れる人に負ける、ちゅう当たり前の結果に。
相変わらず、ガチンコの取り切り勝負みたいな試合が出来ない。。まだまだ攻撃力低過ぎる。
出場してた某プロは全部マス割りで終了って試合が2試合あったかな。さすがっす。

キュースピードのコントロールは、ちょっとだけ手応えあった。今まで下手すぎた球が上手くいったのが何回かあった。

ビリヤードやり始めて2~3年のころ、タップの接触時間長くしようと、あれこれ変なキューコントロールを身に付けた。今思えば、あれがほとんど無駄で、今でも悪影響してるかもしれん。

もっとシンプルに撞点とキュースピードでコントロールする事を意識する。撞き方の工夫に頼らない。いや、その撞き方が必要だという妄想・思い込み・呪縛から自分を解き放つのじゃ。

キュースピードを積極的にコントロールする

撞点だけでなんとかしようとしない。
積極的にキュースピードをコントロールする。
これを意識して練習してみた。
たまーに、今までに無い感じの良い動きをする事があった。

引き球で少し的球から遠い時。
撞点を少し上げて手球の移動スピードを稼ぐのか?
撞点下げて回転をしっかり入れつつ、キュースピードを上げることで手球の移動スピードを保つのか?

厚めだが横に動かしたい時
軽く撞いてズルッと転がした距離で振りを作るのか
しっかりキュースピード上げて弾かせて振りを作るのか

その他にも、不自然にキュースピードを殺してきた撞きかたはないか?

今後も継続して意識してみよう。


それにしてもマス割りが出せない。。ひとりナインで一時間やって、やっと一回か。
ブレイク、からの取り出し、入れ、ネキ、取り方、全てのレベルが低いわ。
もうちょい丁寧に、でもテンポよく。
自分のリアルビリヤードをもっと理解すべし。

エイムってなんだ?

ビリヤードで言うエイムって、何のことを指すんやろ?入れ?狙い?目で見て狙うこと?
エイムと一言に言っても、何の事を言ってるか意外とわからん。

入れに必要な技術とは?

・ポケットの位置を正確に目測する技術
・的球ーポケットのライン、「振り」を読む技術
・振りを再現するための、「当てまえ」を読む技術
・当てまえを再現するための、「狙った所に当てる」技術
・狙った所に当てるための、「手球の軌道」を読む技術
・手球の軌道を読むための、「捻りのトビとカーブ」を読む技術
・捻りのトビとカーブを再現するための、「正確な撞点を正確なスピードで撞く」技術

あれ?目線/目の位置/キューの向きとか大事な話はどこ行った?

・目でキューの向きを合わせる技術
・キューと目の位置を合わせる技術
・的球にピントを合わせたままキューの向きを合わせる技術
・目線を止めてプレショットストロークする技術
・目線を止めてショットする技術
・球が当たるまで目線を止める技術
・キューの立ち具合を合わせる技術
・テーブルのどの角度に立っても平衡感覚を失わない技術
・体勢が変わってもこれらのレベルを落とさない技術

どれも入れに必要な技術やと思うけど、エイムってどれのことやろ。。

入れはいろんな技術の組み合わせでできてる。
何か一つを一生懸命練習しても、それだけで上手くなるもんじゃなくて、バランス良く練習してこそ、その努力が生きる。
難しいのは、何ができれば良いのか、何ができてないのかが、自分ではわからんということ。

やっぱりコーチングは必要だな。。

セミ・サエギナールの練習風景

セミ・サエギナールが練習でさらりと24を出す動画。
早い!うまい!キレイ!
ただのキュー切れおじさんでは無かったのだなぁ

ビリヤード店でプロと撞く

出来れば、ビリヤードのプロがいる店を選んで通う方がいいと思う。

中途半端なAのおっちゃんに教わるぐらいなら、プロと一緒に撞いて貰う方がよほど発見や刺激があるし、価値観が変わって良い。

コーチングを受けるのも良いかも。俺はヤダけど(笑)人に言われたらムカつくし。基本、ビリヤードって人に教わってもあまり意味ないと思ってるから。(たぶん間違ってるけど)

俺は球でボコボコにされる方が好き。
会話して、プロの考えを引き出すのも楽しい。

相手して貰う、教えて貰うのに、自分のレベルは関係無い。下手だから遠慮するって考えは勿体ない。
相手も仕事でやってるんだし、客やファンを増やしたくてやってんだから、遠慮なく自分の成長のために利用したらいい。
でも、レッスンで金取るプロに、無料でずけずけ質問するのは流石に遠慮しちゃうな。

とは言え、下手な素人を相手するプロ、その関係はウィンウィンなのだ。プロもきっとそれを望んでる。よね?いや、仕事だからやれ(笑)

て、当たり前だな。

ジストニア

ジストニアは脳神経の病気の名前。
脳の一部を使いすぎて神経回路が成長した結果、周りの神経が誤動作する、ちう病気らしい。

例えば、ピアニストが中指を持ち上げようとした時に、なぜか薬指を持ち上げる筋肉が反応して動く、みたいなこと。

薬指は動いて欲しくないので意識的に下ろそうとする。でも中指に釣られて勝手に上に動く。意識と無意識がせめぎ合って痙攣したようになる。

楽器奏者、ビリヤード、ゴルフ(パター)、ダーツ、など体の一部を繰り返し長時間トレーニングする人に起こりやすい病気。

診断は受けてないけど、たぶん俺もこの病気。
右肩甲骨あたりの筋肉が誤動作して変なフォームになる。無理に自分のフォームに近付けようとすると痙攣してめちゃ力が入る。リラックスして撞けないから、力加減できない。

20年ほど前に発症して、ビリヤードがまともにプレイできなくなったので辞めて、数年前から左手でビリヤードを再開した。

フォーム弄りながら、アホみたいにセンターショットばっかり毎日8時間とかやって、体イテー(笑)とか言ってる人は、この病気にかかりやすい、と俺は思う。

単調な練習を長時間やって体に負荷を与えるのは避けたほうがいい。ビリヤードを楽しむべし。

どうして弾けなくなるの? <音楽家のジストニア>の正しい知識のために
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%A6%E5%BC%BE%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE-%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2-%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%83%A1-%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%83%99%E3%83%BC/dp/4276143365

バグース池袋店

初のバグース池袋店。
店内おしゃれで料金は普通。ワンドリンク。
この都会でこの料金なら、結構厳しいんでは?
店内非常に賑わってるけど、プレイヤー向けのエリアでプロが構ってくれるから、一人でも楽しましてもらった。
西尾プロはシュっとしてかっこよかった。
初めて元右効きを見破られた。流石、人をよく見てらっしゃる(笑)

大人の遊び場として、最高なんじゃないすか。
東京で単身赴任なら通うのにな。

良い記事。香川プロのブログ。

http://billiardsmanual.blog.jp/archives/16952670.html

このブログもいい。
人に教える事、伝える事を大事にしてる感じがある。
簡潔でわかりやすい。
ちょっと簡潔過ぎるような気もするが、とてもクリアに大事な事を言う。
初級者は絶対見るべきブログ。

良い記事。内垣プロのブログ

http://www.prochoicepool.com/index.php/category/lesson

こういう記事はいい。人の為になる。
俺と違って日本語が上手。内容充実。すてき。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示