FC2ブログ

OB-1眠りにつく

この記事はブロとものみ閲覧できます
スポンサーサイト



10年早い練習

良い練習方法を見つけた。
ナインボールのラックを組む。
残り6個の球を左右にセットして15個のトライアングルにする。
ブレイクしたら、フリーボールからナインまでを取りきる。
6個の邪魔球はコンビやキャノンで入れ繋ぎに使っても良い。

普通のナインでは、残り5個以下くらいになると、割りとどうとでもなる球が多く、
適当コイて痛い目を見る機会が減る。

6個の無駄球があると、入れる穴や出しのゾーンが減って、常に手球の精度が求められる。

14−1をやって、意外と選択肢がなくてチビるよなー、、と感じた時に思いついた。

でも、残り3つがどうとでもなるだけに、逆にどうして良いか解らなくなる、みたいな変なプレッシャーに弱くなるかも?(笑)

20170629追記

ブレイクがしょぼいので、同じ様な配置ばかりでつまらなくなる。
ラックは1から15までランダムに組んだ方が楽しい。

課題 引き球ミスジャンプ多発

強い引き球のミスキュージャンプがいかんせん多い。

タップを見ると、端っこ過ぎてミスしている事が多い。単純な撞点ミス。

タップが完全に手球を捉えているのに、ミスキューする事がある。
ミスキューしなくても、撞いた時にブリっと少し滑る音がしている。

キレの良い引きをマスターする日はまだまだ遠い。。

20170518追記

下を撞く、トビが出る、手球とラシャの摩擦が足りなくなる、撞点が滑る、なんてことは無いだろうか?

めいっぱい下を撞く場合、ブリッジを少し高くして、撞き下ろし気味にした方が良いのか?
事実、今日はミスキューしなかった。
解決案の候補としてメモっとこ。

20170601追記

肘から行く。若干しゃくり上げる感じで撞く。
水平な軌道が長くなるし切れるイメージもある。

でも、押しには向いてない気がする。
押しは、まっすぐか下にこじるぐらいがキレイに転がる気がする。
そのためには肘を落とさないで、肘から先で撞く方が良い。と思う。

撞き分けはあまりしたくない。
単純でワンパターンな撞き方で、コントロールを安定させたい。

20170629追記

ミスキューかほぼ無くなり、引き球が実用レベルに近付いてきた。
まだ引きのキレが足りないが、拘り過ぎると変な癖が付くのでのんびりやろう。
良くなったきっかけはキューを変えた事。
それまでブレイクキューとして使っていたキューをプレイにも使うようにした。
キューを変えた理由は、手球のスピードが早く、ラシャ上を滑らせるように的球に届けるのが楽だから。

続きを読む

課題 最初はゼロ

テイクバックを完了したポイントでキュースピードは一瞬ゼロになる。
キュースピードが欲しい時、ゼロ状態から力を入れてしまっている。
ゼロから最初の数センチまでを、もっとリラックスして滑らかに加速させたい。

20170601追記

キュースピードが欲しい時、もっとテイクバックをを大きく取るべきだろうか?
多少の筋力を使っても、ストロークを大きくし過ぎない方が良いだろうか?
普段から、大きめに取った方が良いだろうか?

20170629追記

やはり、強い回転が欲しい時や、遠い的球から引く時などは、テイクバックを大きく取って、ゼロ地点で力まずにヌルっと加速して、迷わずに振り切る、これをイメージ良くやり切れるように練習した方が良さそうだ。

課題 ブレークがしょぼい

ナインボールのブレークがしょぼい。
当たるようにはなってきた。

*ノーイン
*サイドスクラッチ
*7,8番が長クッションで渋滞
*1番の残しがヘッドの短、手球はセンターよりフットより

スピードが足りないのか?
当て前が悪いのか?
撞点が悪いのか?
手球の位置が悪いのか?ラックが悪いのか?

20170601追記

まずもってラックがゆるい。これでちょい改善。
当たりが悪いのは、やむを得ず、レストを少し短くして改善。

そして俺的発見。インパクトの瞬間、めちゃめちゃリキんで肩肘をブロックし、
キューが手球に押し返されるのを全力で防ぐ。
これで、超小さいフォロースルーでも良い当たりが得られた。

20170626追記

通常のプレイ時は体がほぼ真正面を向いて内巻き気味にストロークしている。
でもブレイクの時だけ体を開いて、肩肘まっすぐに合わせる感じにすると、気持ち良くキューが振れる感じ。

20160629追記

軸足の左足(サウスポー)に体重を感じて撞くと、体の安定感とインパクトのパワーが増した気がする。
ただし慣れないせいか撞点を間違える。