FC2ブログ

課題 腰をテーブルに付けたがる

テーブルに腰を当てると上半身が安定して楽だ。

そのせいか、手球がセンターライン付近の球を縦に撞く際、
いったん腰をテーブルに当ててから前かがみになるのが癖になっている。

これが原因でフォームがいびつになり、方向感覚が狂って外す事がある気がする。

腰を当てない事を意識して構えると、意外とテーブルに体が触れずに撞ける球が多い。

フォームを一定に保つには、安易に腰をテーブルで固定させない方が良い気がする。
スポンサーサイト



課題 上手い人と撞くと壊れる

自分より上手い、強い、と感じた相手と撞いているときに、
1.相手にいい感じで取り切られる
2.自分が原因不明のミスをする
の2つが重なると、ほぼ例外無く壊れて、
球が入らない、加減や撞点が合わない状態になり、相手に楽をさせてしまう。

何が原因なんだろう、、
1.自分も負けじと上手く撞こうとムキになる、球に集中していない
2.相手のリズムやフォームが伝染する
3.相手より下手な球を撞く自分が恥ずかしくて焦る、萎える
こんなとこだろうか?

4.待ち時間が長くてリズムが戻せない
というのもあるかも。

1球外したら1分お座り
なんて練習したら効果あるかも?

テーブルの面の傾きに合わせる

手球と的球の間、撞く時に見えている範囲のテーブルの面、の角度を意識して、その角度に合わせてキューを出す。
ポケットは点で感じる。
これは良い発見だ。


1球ごとにテーブルを見る角度は変わる。角度によっては錯覚が生まれやすい。
体も常に同じフォームでは撞けない。顔の高さ、キューの角度も常に同じには出来ない。
的球との距離、厚み、手球の撞点、キュースピード、常に条件は変わる。

ビリヤードは、基準を見つけにくい、見失いやすいスポーツだと思う。

何か、プレーを安定させる材料、基準は無いか?

あった。

テーブルの面の角度(水平)を感じて、その角度を意識してキューを出すと、手球が素直に動いた。

テーブルの向きはあまり気にしないでポケットの位置を点でしっかりイメージする。
的玉が点でイメージしたポケットに向かうように構える。
的球と手球の間のラシャの角度(水平)を感じる。
テーブルのそれ以外のパーツは一切意識しない。

水平を意識してスムーズにキューを出す。


ネキを意識するあまり、撞点を見すぎる、目が泳ぐ、こじる、厚みを手球の気持ちでアレンジする、なんてことがありがち。
イメージをよりシンプルにして、手球、的玉、ポケット、の3つの世界に没入する事で、これらの病気の対策になりそうだ。

またもや、こてんぱんにイワされる

元日本トップクラスのアマのおじいさんに完敗。
上手い人の球はムダが無くとってもキレイに転がる。
体の動きも、キューの動きも、手球のスピードや回転も、的玉の転びも、全てに必然性を感じてしまう。
そして真似しようとして死ぬ(笑)
こういう人と撞けるって幸せ。
めっちゃ授業料払ったけど( ´∀`)
紹介してくれた人に感謝。
一つ上に行くためには、上の人と撞く、そして勝つ、勝つために必死になる、これがやっぱり一番近道やと思う。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示