FC2ブログ

ラックシート購入

たまに行く近所のレジャー系店舗は、
台はブランズウィック3、ポケットガバガバ、ラシャツルツル穴だらけ、
チョークは貫通寸前、
ライト傾いて片側長クッション真っ暗、
球は安い方のアラミス、
木のラックは割れている、
キュー尻が当たる50cmの柱、
というなかなかの環境。

でもつき放題1000円と徒歩5分のアドバンテージでたまに利用する。

行く時は、当然マイキュー、マイチョーク、
球も持ち込みののブランズウィック。

そして悔しいけれどついにマイラックシート購入!
これで少しはブレイクの練習ができそう。

あとはライトが、、苦情聞いてくれるかな?
スポンサーサイト



14-1


たぶん、アップロードしたらアカンやつ。
けしからん!マイクに無断で!絶対アカン!
でもサンクス。。すごく勉強になりました。

ナインボールブレイク が少し良くなった

根本的な原因が分かった。ラックが浮いてる。
ナインボールにしっかりくっつけたら即死球が安定して入るようになったので、
ワンボールと手球の行方をコントロールする事に集中出来る。

手球ちょい上でセンター付近だと、ワンボールが短中央残り。
これが失敗ケース。
もっとパワーあればワンボールが3クッションして長クッションヘッドラインあたりに来るはずなんだが。。

手球芯からちょい引きでワンボールがサイド付近でワンクッションしてヘッドライン中央あたり、手球もその辺。
これが現状ベストプラン。でも当たりはしょぼい。。

何度も構え直す

立ち位置から、スッと構えが決めれるようになるまで、何度も構え直す練習。
いちいち探さない、迷わない、考えない。

自信を持って狙う。
構えの段階で撞けそうな感じが得られるまでやる。

目的は
リズム良く無駄なくプレイする。
これなら入れられる。を増やす。

その一発で勝負が決まる

実際、すべての球は一発勝負だし、やり直しは効かない。練習と違って。

練習では、失敗した球をやり直す(脳内イメージとリアルの距離を縮める)事がすごく大事だと思っているので、
自分の間違い探しをしながら練習している感がある。
失敗したらさっと置き直してもう一回撞く。

でもこれ、勝負に勝つための練習としては、めっちゃ害があるかもしれない。

やり直し前提でヌルい気持ちで撞いたりすることがある。
相手がいる時の、「外したら終わり」みたいなプレッシャーとは真逆の状態。

ネキが失敗して少し難しくなっても頑張る(いちいちめげない、恥ずかしがらない、焦らない、集中切らさない)という心の練習も不足しがち。

チャンスの少ない上手い人に勝つには、下手こいても死ぬ気で入れ倒す気持ちも必要だ。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示