FC2ブログ

グリップが緩みがち

最近また悪癖(?)が。
撞く瞬間グリップが緩んでる。
常に握る必要もないんじゃろけど、嫌やなぁ。
緩ませずにトルクを効かせて、でも力まずにスピードを活かして、そんなグリップとタイミングで撞きたい。
あるショットでは緩んでるのが正解なんもあるかもしれん。でもそっちの先は難しい方な気がするねんなー。あんまりグリップやタイミングにバラエティーを持ちたくない。プレイの幅が楽に広がるのはちゃんと握る方やと思う。
スポンサーサイト



左上撞点の厚めの逆押しが薄くとぶ

左上撞点の厚めの逆押しが薄くとぶ
昨日は数えきれないくらいやってもうた。
常に同じ外れ方をしてた。

そもそも厚みを間違えてるのか?
トビが出る事を理解できていないのか?
トビのみこしは合ってるけどカーブが出ない撞き方しているのか?
顔の位置が悪くて狙いが右向いてるのか?
払ったりコジたり、右にズレる撞き方をしているのか?
まずは問題の切り分けがいるな。

しかしまぁ、まだまだいくらでもイージーぽい配置を外せちゃう俺。
外れるセンサーが働かない俺。

俳優金子さんの動画で言ってたけど、大井Pは立ち位置の時点で的球が入ることがわかるんだと。
体じゃなくて脳でビリヤードをしてるって言ってたから、イメージの中身が濃厚なんだろね。
やること決めたら後は撞くだけ、実行するだけだから、撞くのが速いんだと。
具体的で精度が高いイメージと、それを実現できる洗練された体の動き、それをセットでプレーしてるってことか。

そういや俺、こないだの試合では構えに入る前のポケット見るルーチンがちゃんと出来てたかも。
構える前にポケットしっかり見たら「もう入るしかない」と確信できた。
あれがいつでもサラッとできたら楽だなー。
構える前にしっかりイメージして、決めたらさっさと撞く。
この路線は間違えてないな。

フワッとノールックで構えてから、じわじわと狙いを定めるのは絶対あかんな。
ちゃんとポケットの位置とか振りとか目測してから構えに入らないと危ない。

安易にテーブルに腰を当てない

体を安定させたくて、必要無いはずなのにテーブルに腰を当ててしまう癖がある。
これが原因で不自然に体が捻れたりする事がある。

まずは腰を当てずに構えることが出来るか試してみて、絶対当てた方が良いなら一度構えなおす
これぐらいやった方がいいかも。ちょっと試してみよ。

右にずれる病

基本、ずれるときは手球が思ったより右にずれる。
たぶん顔の位置が悪い。
キューの上に左目が来るように構えると、入ったりする。

なぜ、外れる構えが正解に見えるのか?
なぜ、入る構えにスパっと入れないのか?
なぜ、毎度毎度同じことを練習で直してるのに、またやっちゃうのか?

撞点で手球をコントロールしすぎ?

最近、疑惑が浮上。
実はおれ、撞点だけで何とかしようとし過ぎじゃない?
もっと、キュースピードと撞点のバリエーションで球の動きを作れば良いんじゃね?

本来キュースピードでコントロールすべき事を、撞点でやろうとしてミスしてる気がする。

そこは撞点じゃなくてキュースピードじゃね?
ていう疑いを持ってみよう。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示