FC2ブログ

常に全開

最近気づいた。
おれ常に全力で弦鳴らしてるんちゃうかと。
アンプに頼って軽く弾いてもええんちゃうかと。
ボウイの松井さんみたく、ブリンブリンに鳴らしてエイトビートを刻むのだ!て思ってたけど、シンドイ(笑)
ノーマル時の音量を、パワー70%ぐらいにしてみよかと思う。
ダイナミックな感じにはならんけど、コントロールの幅が広がって楽に弾けるならメリットも多い。
ドラムもそうやけど、おれたぶん速い動き苦手やし。あんまり無理せんと、楽に冷静に弾く方向で練習してみてもええんちゃうかと。
スポンサーサイト



聴く脳、弾く脳

聴いてる時、自分の期待する音色とかタイミングを期待して聴いてる。
そこにスポッとはまると気持ちいい。
そんな感じで聴いてる気がする。

弾く時はどうやろ。
気持ちいい音色とタイミングで音をだしたい。
だから、聞き耳を立てて自分が出した音にいちいち反応しちゃってるような気がする。
それで弾くことに集中出来てないような。
上手く弾きたいと思ってやってることが下手に導いてるような。

ベース練習

https://tascam.jp/jp/product/dp-008ex/top
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/245600/

MTRとハンディレコーダー買ってベースの練習。
こりゃいい。

trac1に音源
trac2にベース
trac3にはハンディレコーダーで生の音
をそれぞれ入れる。

覚えはじめから録音して、ある程度緊張感保って練習する。
何となく指が動くようになるのを待つんじゃなくて、常に自分の実力を見せつけられて、すぐ反省する。そしてすぐ再挑戦。

MTR使うと音源のサーチがやりやすい。
音量の調整も簡単だから、自分のベースの音も聞き返しやすい。
ハンディレコーダーで取った生の音は、ビックのアタック音が良く聞こえる。生音をきれいに出す事を意識したら、アンプの音のキレもテンポも良くなった。

アンプ通すと、何となくいい感じに聞こえちゃうから、段々雑になってた気がする。
生音でカチャカチャしたビック音とか、弦やボディの鳴りを聞いたほうが、ノリの悪さがわかりやすくていい。

ゆっくりめの曲でも、右手のキレは重要。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードのブログ
毎日成長中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示