ハウストーナメント参加

久しぶりのハウストーナメント。
結果は負け・勝ち・負けで予選敗退。
いやー酷いもんだった。
たぶん今までのハウスよりは内容は良くなっていると思うけど、
まだまだ簡単な球が外せてしまうワシ。
イケそうな球が取り切れないワシ。
残ったみなさんの球見てたら、そら勝てんわと思った。
チャンスボールからの取り切り率をもっと上げていかんと。
スポンサーサイト

塩ビパイプでストローク練習

動画撮ってみた。


塩ビパイプでビリヤードのストローク練習。 パイプは動かず、グリップ部分だけが前後にスライドします。 もしストロークが上下左右にぶれていると、パイプの先端大きく揺れるため、視覚的にすぐ分かります。 小さく、大きく、ふり幅を変えてもまっすぐ水平に振る。 効き目によるエイム、 効き目で見るキューをくっきり見分ける、 効き目方向にまっすぐキューを振る、 これらを身につける事を目的とした練習です。 練習時は、効き目を片目だけ開けた状態で、数メートル前を見るようにします。 効き目が見ている画を理解し、効き目によるエイムをより正確にするためです。 片目と両目の練習は交互に、同じ程度の時間行います。 上下左右、どうしてもブレは出てしまうので、ぶれを抑える事にはあまり神経質にならず、小さい振れ幅に収まっていればいいや程度にやっています。 シャフト部分はVP13(18mm)×2Mで先端からお尻までまっすぐ。 グリップ部分はVP16(22mm)で両端にTSバルブソケットと呼ばれる部品を使い、シャフト部分にぴったり合うサイズでスルスル滑る状態にしています。 パイプ先端にL字の金具をつけ、軽い木の棒を緩くネジ止めし、垂直に垂れ下がるようにしています。 左右にブレた時に解りやすくするのと、垂直のラインを意識する事が目的です。

DSC02780.jpg DSC02779.jpg

球2個持って眺める練習

家でできる練習シリーズ。

球2個握って眺めるだけ。


イメージボールをよりリアルにイメージ出来るようになる為の練習。
やらないよりはきっと感覚が豊かになって、何かしらの役に立つはず。

球をなんとなーく見ると、のっぺらとした円に見えてしまう。
球体として捉えて、球の表面の丸みを感じ取れるようになりたい。
20180216230755b30.jpg 

まずは球の中心(核)をイメージする。
20180216230753bcb.jpg 

中心を線で結ぶ。これが的球の転がるライン。
20180216230751e47.jpg 

球同士が当たる点をイメージする。
2つの球の中心を結んだ線の真ん中が当たる点。
20180216230754302.jpg 

球を水平に輪切りする面をイメージする。
2018021623074939c.jpg 

球の中心から真下に伸びる線をイメージする。
20180216230748592.jpg 
球体ぽく見える!

2つの球の中心を結んだ線の真ん中が当たる点。
厚めに当たる場合は球の中心で測ると見やすい。
20180216230746f40.jpg 

これはフチからの距離で見るパターン。
薄い場合はこっちが測りやすい。
20180216230745773.jpg 

イメージボールじゃなくても、これ結構正確かも。

接点はよく見れば目測出来る。
的球の中心から接点までの距離 ✕2 の点に手球の中心を向かわせる。
または、的球のフチから接点までの距離 ✕2 の点に手球のフチを向かわせる。

カピンイ vs ローリウェン


6分10秒、右下かー!ちょっとビビった。
20180215182721964.gif
8の左側の方がゾーンが広い。
上だけで3クッションのラインは無いか?
右上で2クッションやと残りが遠すぎるか?
8に手球当ててもそこまで悪くならないと判断したのか?
それにしてもこのラインと加減は度胸があると言うか、、スキ。
 
18分20秒、ローPセフティーミスからの1番、簡単に美しく決めるねー(笑)
2018021520451039d.gif 
2クッションで4と5の間を通す、やるしか無いけどビビってイメージ出にくいラインやわ。
当たっても2が隠れないように、気持ち強めについたんかな?
1に引きがほどけない加減を優先したのかな?
2から短クッション使うにはいい場所やけど。

この3も、俺にとっては絶体絶命(笑)
入れに自信無いから4への残しももっと適当になりそう。
カー氏は完璧。この球練習しよ!
20180215204546622.gif

5から6もちょっと嫌な球。
9に隠れないように気持ち下撞いて、
短クッションから出てくる時に8に隠れないように右撞いて、
でもしっかり走らせて加減もよし。
20180216192621135.gif 

6から8も「そんなしっかり振り残すの?」ってドキッとした。
8が微妙に厚い順振りに残って、仕方無く9を土手撞き残し、とか、
8が微妙な逆振りに残って、ギリ止まる?いや弾く?いや押す?右?左?どっち?
みたいなナインあるあるをきっちり避けたんかなー?

さりげなく丁寧で完璧。
きっちり一発で成功する技術。
さすがやなぁ。


1時21分15秒、カーPバンクミスからのローPバンク決めて取り切り!
20180217083620167.gif
スコア5vs5から絶対取りたいこのセット、二人とも攻めた。
へー!そこは攻めなんかー。
カーP失敗したところへ追い打ちをかけて流れを呼び込む為か?
カーP相手にヌルいセーフティしたら酷い仕返しされそうやし、
攻めも守りもリスクに差が無いってことか?
この程度のバンクは楽勝ってことか?

引きの撞点で視線が下がる

最近気付いたが、引きの撞点の時に視線が低い。
と言うか顔の向きが下向きだ。
キューの向きと顔の向きが連動しているのか?

下撞くとき、的球は見てるけど、ポケットが見えていない事が多い。
キューを見るにはそれぐらいの視線が良いのだが、
ポケットまで視界に収めた方が良い。

的球がポケットに入るまでの動きを、目を動かさずに観察できる。
だから結果を観察して得られる情報が増える。
結果的に上達に繋がる。

少し顔を上げて、的球の向こう側の景色がよく見えるように変えてみよう。
プロフィール

まんぷくたろう

Author:まんぷくたろう
ビリヤードB級の戯言。
ウンチクを聞いてくれる相手がいないのでここでうさばらし。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示